口腔外科

親知らずの事なら大学病院レベルの治療が可能なながお歯科医院にお任せ下さい。
親知らずのことなら、ながお歯科医院にお任せください。
当院は街の歯科医院ですが、公益社団法人日本口腔外科学会の専門医が 在籍しております。難しい親知らずの症例などで「他院で断られた」、「大学病院 で、、、」と言われた方もご安心ください。当院なら大学病院の口腔外科と同等のクオ リティで治療を受けていただけます。大学病院は、受診するのが大変(待ち時間が 長い)とのお声をいただくこともありますが、当院ではそのような心配はありません。 親知らずなどの口腔外科関連の症状については『普通の歯科医院を受診する気軽さで、大学病院のクオリティを』受けられる当院でご相談ください。
親知らずのことなら、ながお歯科医院にお任せください。

口腔外科専門医とは?

専門医とは、「スーパードクター」や「神の手を持つ医師」などを意味するものではありません。現在では、「それぞれの診療領域において適切な教育を受け、十分な診療技能(専門的知識・診療経験と患者本位の診療態度)を修得し、患者から信頼される標準的な専門医療を提供できる医師」とされています。
専門医制度とは、それぞれの診療領域を担当する臨床系の学術団体(学会)が専門医の修得すべき項目(研修カリキュラム)や研修施設などを定め、試験によって専門医の診療技能の修得レベルを認定するという仕組みです。
「口腔外科専門医」は(公社)日本口腔外科学会が認定し、口腔外科学に関する専門的知識と豊富な口腔外科診療経験を兼ね備えるものに与えられる資格です。
口腔外科専門医とは

資格について

口腔外科専門医の取得のためには、歯科医師(医師)免許取得後、初期臨床研修を修了してから6年以上、学会認定の研修施設(准研修施設)に所属し、口腔外科に係わる診療と学術的活動に従事して一定以上の実績を有することが必要条件となります。
口腔外科専門医の資格は、■申請書類審査 ■筆記試験・口頭試問 ■手術実地審査の3段階を経て認定されます。特に、手術実地審査は、試験官が申請者の口腔外科手術を実際に見学し、その手術能力を判定するものです。
また、専門医の資格は5年ごとに更新する義務があり、期間内に一定の研修実績を上げることが必須となっています。口腔外科専門医は、資格取得後も継続的に学識を高め、診療技能の向上に励むことが求められている訳です。

親知らず

親知らずは、他の歯にくらべて生える時期が 極端に遅く(10代後半から20代にかけて)、さらにもっとも奥に生えてくるので、異常を起こしやすい歯です。歯があるのにあごの骨の中に埋まったままで、きちんと生えてこない(埋伏歯) 場合も少なくありません。親知らずは上あごにも下あごにもありますが(生まれつき親知らずがない方もいます)、下あごの場合は生えてきても傾いていたり(傾斜歯)、横向きに埋まっていたり(水平埋伏)、半分が埋まっていたり(半埋伏)することがあります。
親知らずが生えてくる年齢の都合上、トラブルを起こすのは、受験や仕事で忙しいときに重なることが多く、社会的な問題にもなります。そのため、口腔外科医と相談のうえ、リスクのある親知らずは必要に応じて抜歯をした方が良いでしょう。
親知らず

抜いたほうがいい場合

親知らずが横向きや斜めに生えている。
半埋伏や水平埋伏の親知らずは、手前の歯(大臼歯)の後ろ側との間が歯ブラシが届かないことで不潔になり、むし歯の原因となることがあります。また、他の永久歯がすべて生えた後、顎のスペースがないところに後ろの方から親知らずが生えてくることで歯並びが乱れる原因にもなります。
親知らずの周りが腫れたり痛んだりしたことがある。
同じように半埋伏や水平埋伏の親知らずは、歯ぐきに歯ブラシが届きにくいことで、親知らずのまわりの歯ぐき自体に細菌感染が起こり、歯ぐきが腫れて痛む(智歯周囲炎)の原因となります。重症になると口が開けにくくなることもあります。

抜く必要がない場合

親知らずがあるからといって、すべてを抜いたほうがいいわけではありません。
親知らずが正常に生えていて、かみ合わせがある場合。
親知らずが埋伏しておらず、上下の歯でかみ合わせて機能している場合は、万一むし歯などで奥歯を失ったときに、移植したりブリッジの土台にしたりすることで 有効に活用できるため、必ずしも抜く必要はありません。
今まで一度も腫れたり痛んだりしていない場合。
傾斜歯や半埋伏歯でも、きちんと歯ぐきのメインテナンスを受けており、ご自身でのセルフケアができている場合は、智歯周囲炎を起こさない限り、あわてて抜く必要はありません。

■ご高齢の方や、高血圧、糖尿病などの基礎疾患がある場合、抗血栓療法や骨粗鬆症治 療薬の処方を受けている場合などは、抜歯をするかどうか、さらに専門的な判断が必要になるので、口腔外科医とよく相談されることをお勧めいたします。

親知らずの治療の流れ

Step1 検査・診断
まず、診断のためにレントゲン写真の撮影を行います。
その後、お口のなかを診察し、親知らずの生え方や歯肉の状態を確認し、レントゲン写真の所見とあわせて総合的に診断します。

・抜歯する必要があるか、ないか。
・抜歯する必要がある場合は、その時期や抜歯の方法、処置の時間について。
・抜歯の前後に起こり得る合併症(偶発症)について。

お話しを伺いながら、詳しく説明します。
検査・診断
検査・診断
Step2 治療(抜歯)
親知らずの抜歯を行う場合、その埋伏の深さや方向にもよりますが、処置時間は上顎の場 合およそ10~15分程度、下顎の場合30~45分程度です。
智歯周囲炎で歯肉に膿が溜まっているとき(膿瘍)は切開して、症状を抑えます。
抜歯は痛みや腫れなどの症状のない時期に、患者さまのご都合に合わせて行います。処置の際は麻酔をしてから行うので、抜歯中に強い痛みを感じることはありません。
治療(抜歯)
Step3 術後説明
抜歯後は創部を圧迫して止血するために、術後30分ほどガーゼを咬んでいただきます。処置後に気を付けること、お薬の飲み方や食事や入浴の際の注意などをプリントを用いて説明を行います。
Step4 抜糸・経過観察
抜術後は翌日に創部の確認と消毒のためにご来院いただきます。縫合をした場合はおよそ1週間後に抜糸を行います。術後2~3日は腫れや痛みがある場合がありますが、お薬でコントロールできる程度ですので、力仕事や激しい運動を行わない限り日常生活に大きな支障はありません。

親知らずの治療の流れ

・術後は、止血のためにガーゼを咬んでおいてください(30分ほど)。
・当日は飲酒や激しい運動を行うと出血の恐れがあるため避けてください。
・長時間の入浴も避けていただきますが、シャワー程度の入浴は可能です。
・術後に何度もうがいをするとさらに出血するので、当日は激しいうがいを避けてください。
・術後の歯みがきのため、希望する方には毛先の柔らかい外科用歯ブラシ(350円)を購入していただきます。
・術後、麻酔が残っている間に食事をすると、頬や舌を咬んで傷ができたり、火傷をしたりする恐れがありますので、麻酔がさめるまでは飲食しないようにしてください。術後1時間以上たって麻酔がさめてからは、柔らかいものなど飲食できます。

顎関節症

あごの関節(顎関節)は下あごの骨の突起(下顎頭)と上あごの骨のくぼみ(関節窩)とその周囲の組織で構成されており、その間に関節の動きを滑らかにする関節円板という組織があります。周囲の筋肉や骨、関節円板が滑らかに動くことで口があけたりしめたり、または横や前に動かすことができます。顎関節やその周囲に異常があると、口を開けにくかったり、動かす時に痛みがあったり、という症状が出ることがあります。
口を開けたり閉めたりするとき、あごの筋肉が痛い、カクカク音がする、または口が開けにくいなどの症状がある場合は顎関節症のおそれがあります。
あごの関節(顎関節)

顎関節症の診断と治療

ひとくちに顎関節症といっても、咀嚼筋に異常があるもの、関節円板に異常があるもの、骨の変形があるもの、またはそれらが合併したものなどさまざまです。顎関節症のおそれがある場合は、まずレントゲンやMRIなどの画像診断で骨の形態や関節円板の位置や形態を診査する必要があります。軽度なものはリハビリや生活習慣指導を受けていただくことで改善することもあります。顎関節症の治療ではセルフケアも重要です。さらに診査の結果に応じて、薬物療法やマウスピース(スプリント)を使った治療を行います。
顎関節のレントゲン写真と関節円板(図)
顎関節のレントゲン写真と関節円板(図)
一般的に、あごの関節の治療で、歯を削るかみ合わせの調整(咬合調整)は推奨されませんので、症状がある場合は口腔外科専門医の診察を受けるのをおすすめいたします。
顎関節のMRI写真(図)
顎関節のMRI写真(図)

粘膜疾患

口の中の粘膜は重層扁平上皮(じゅうそうへんぺいじょうひ)という上皮で覆われています。粘膜の下の層では新しい細胞ができており、上のほうに成熟した 細胞があります。正常な粘膜では、いちばん表層の古い細胞がはがれ落ちて、下から新しい細胞が上がってくることで健康な状態を保っています。
口腔粘膜の模式図
口腔粘膜の模式図

口のなかにできる粘膜疾患について

粘膜の病気(粘膜疾患)にはさまざまなものがあり、表面が角化するものや、炎症性の反応を起こすもの、または細菌やウイルスの感染によっておこるもの、さらには、全身の病気に関連して口の中に異常を起こすものもあります。また、同じ口腔粘膜疾患でも、その症状や見え方にはさまざまなものがあるため、専門的な診断が必要です。大部分のものは良性ですが、放置しておくことで悪性(がん)化するものもあり、必要に応じて細胞の検査や組織の検査を行います。口の中の粘膜に異常を感じるときは口腔外科専門医の診察を受けることをおすすめします。
白板症(歯肉)
白板症(歯肉)
白板症(歯肉・口唇粘膜)
白板症(歯肉・口唇粘膜)
白板症(舌)
白板症(舌)
扁平苔癬(頬粘膜)
扁平苔癬(頬粘膜)