審美歯科

銀歯などの詰め物を目立たない白い歯にしたい・・そんなお悩みはありませんか?
審美歯科治療とは、セラミックなどの精巧に歯の色や形を再現された詰め物やかぶせ物を使い、お口の問題を解決し綺麗に整えることで、歯を美しく見せるお手伝いをする治療です。当院では、美しさだけでなく、二次的むし歯のリスク減少、金属アレルギーの軽減など、機能性も兼ね備えた審美歯科治療をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

e-max

オールセラミック製のかぶせものです。主に前歯部に使用します。
保険適応のレジン前装冠の場合は、見える部分は白い素材(レジン)で作成しますが、裏側はメタルになります。オールセラミックの場合は全面が白くなり、また、天然歯に近い透明感があります。表面はとても滑沢で汚れにくい(着色しにくい)素材ですので、レジン前装冠と比べても長期間白い状態を維持できます。
e-max
費用
88,000円(税込)~/1歯

ジルコニア

ジルコニアとは人工ダイヤモンドにも使用される二酸化ジルコニウムという素材です。強度と耐久性に優れた素材で、他のセラミック製の治療と同様に審美性に優れています。もともと加工が難しい素材でしたが、近年の技術の進歩で天然歯に近い白さと透明感を持たせることができるようになりました。
セラミックに近い審美性があり、セラミックより強度が優れていますので、前歯部の治療にも用いることができますし、かみ合わせの力が加わる臼歯部のかぶせ物にも使用できます。
ジルコニア
費用
110,000円(税込)~/1歯

ゴールド

保険診療では金属の詰め物・かぶせ物を金銀パラジウム合金という素材で作成します。金銀パラジウム合金は強度もあり、保険診療で作成するには充分な素材ですが、臼歯部の噛み合わせが当たる部分では硬すぎて違和感が出ることもあります。また、金銀パラジウム合金は歯と接着するときに微小なすき間(辺縁漏洩)ができやすく、そこが二次的なむし歯のリスクになることもあります。
そこで、臼歯部の詰め物やかぶせ物を作る場合に金合金(ゴールド)を使用すると、合金の性質上、充分な強度がある上に、かみ合わせの力(咬合力)をうまく逃がすような滑らかさがあり、歯との接着面のすき間もできにくく(辺縁漏洩しにくく)なります。その結果、二次的なむし歯のリスクを減らすことができます。
見た目は金属色なので、上顎の臼歯など見えにくい部分の詰め物やかぶせ物でかみ合わせがデリケートな場合にお勧めできます。
費用
66,000円(税込)~/1歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは金属を使用しない義歯です。
歯列全体ではなく、部分的な歯の欠損に対して使用する義歯では、保険適応の義歯の場合は歯に固定するために金属製のばね(クラスプ)を用いる必要があります。 それに対して、ノンクラスプデンチャーは金属を使用せず、歯を支える部分にも透明性の高い材料を使用しており、おくちの中で義歯を使用しているのが見えにくい特徴があります。金属製のばね(クラスプ)を使用しないため、歯にかかる負担も少なく、より高い審美性とより優れた適合性があります。
費用
110,000円(税込)~/5歯未満
165,000円(税込)~/6歯以上
従来型の義歯
従来型の義歯(保険適用)
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

ホワイトニング

当院のホワイトニングメニュー

当院で行うホワイトニングは、オパールエッセンス10%(医薬品含有歯科用歯面清掃補助剤)を使用しています。
オパールエッセンスは、生活習慣や外傷、加齢などによる歯牙内部の変色を効果的に取り除きます。また、粘性が非常に高いので歯面に停滞しやすく、トレイから漏れ出ることも少ないです。ソフトタイプのトレイを使用することで口腔内の不快感も軽減されます。

ホワイトニングとは

歯の表面を削ったり、溶かしたりするのではなく、ホワイトニング材の成分が着色物質を分解することによって自然な白さを実感することができます。歯科医院内で行う着色取り(PMTC)は「歯の表面の汚れを取り除くこと」で、一方、ホワイトニングは「歯そのものの色を明るくすること」です。
ホワイトニングには、歯科医院のチェアで行うオフィス・ホワイトニングと、専用のホワイトニング材を用いてご自身の自宅で行うホーム・ホワイトニングがあります。どちらの方法がよいのかは歯の状態や生活習慣によって違いがあります。 どの方法が適しているかを歯科医師が診断いたしますので、気になる方はご相談ください。

ホワイトニングの種類

デュアル オフィス ホーム お手軽ホーム
方法 オフィスとホームを組み合わせて行うパワーホワイトニング 歯科医院での施術 歯科医院で歯型に合わせてマウスピースを作成し、ご自宅でホワイトニング マウスピース作製不要!歯科医院で処方してもらい、いつでもどこでもホワイトニングできる
時間 オフィス+ホーム 歯科医院施術のみ
約1〜2時間
自宅ホワイトニング
1日2時間
(最長14日)
自宅ホワイトニング
1日90分
(最長10日間)

ホワイトニング料金

上・下顎
33,000円(税込)
(薬液×12本/トレイ×2/トレイケース)
片顎のみ
17,600円(税込)
(薬液×8本/トレイ×1/トレイケース)
片顎追加するとき
15,400円(税込)
(追加薬液×4本/トレイ×1)
リフィール・セット
4,400円(税込)
(追加の薬液:薬液×4本)

ホワイトニングの効果(タッチアップのすすめ)

ホワイトニングの効果には個人差があります。また、ホワイトニングの効果は永久的なものではなく少しずつ後戻りします。後戻りの程度は嗜好品や生活習慣で異なります。
そのため、より長く白さを持続させるために、定期的なメンテナンスを受けていただくことをお勧めしています。また、後戻りが気になるときは追加のホワイトニング・ジェル(薬液)をご購入いただき、タッチアップしていただけます。タッチアップの頻度は嗜好品や生活習慣によりさまざまですが、約半年~1年の間には歯科医院へ来院し、歯科医師にご相談ください。